ヤーマン myse(ミーゼ)スカルプリフトの使い方は?

ミーゼスカルプリフトのセット内容画像 フェイスリフト

口コミサイトでも高評価、「美ST」「FraU」など多くの雑誌でも紹介されている「ミーゼスカルプリフト」。「使ってみたいけど、使い方はどんな感じなの?」「むずかしくないの?」という疑問にお応えして、このページでは ミーゼスカルプリフトの使い方をお伝えします!

ミーゼスカルプリフトのセット内容

ミーゼスカルプリフトの箱を開けたところ

購入後すぐ、箱をあけたところです。
箱の中、向かって左から時計回りに 

  • フェイス用アタッチメント
  • 充電器
  • スカルプ用アタッチメント+本体

以上3点と取扱説明書が入っています。

ポーチセットの場合はこれらが入るポーチもついてきますが、移動が多い人以外はポーチはなくても特に困りません。

ミーゼスカルプリフトの使い方

使う前の準備

充電器に立てたミーゼスカルプリフト

使わないときはこのように充電器に立てておいて、使う時にここから取ってスイッチを入れるだけでOKです。

ミーゼスカルプリフトのスイッチの説明画像
  • 電源ボタンを長押しして電源ON・OFF
  • 電源ON状態で電源ボタンを押すとバイブレーションON・OFF
  • EMSレベル切替ボタンを押してEMSの強さ(3段階)を選ぶ

取扱説明書もありますが、見なくても感覚的にわかるような、シンプルで扱いやすい作りです。

ミーゼスカルプリフトのアタッチメントの取りつけ方画像

頭用・顔用のアタッチメントの取替もマグネット式で、上の画像のようにワンタッチでカチッと簡単♪

アタッチメントを替えることで、自動的に「スカルプモード」「フェイスモード」に切り替わります。

スカルプモードの使いかた

まずは、スカルプ用のアタッチメントをとりつけ、頭筋マッサージをして頭皮からのリフトアップを目指しましょう!
※朝など、「髪をぬらす時間がない!」という時は、もちろん顔だけでもOKです。

ミーゼスカルプリフトスカルプモードの使い方1

頭皮がぬれた状態で使います。シャンプーやトリートメントをつけた状態でもOK、シャンプー後ドライヤー前の状態でもOK。

まずは側頭筋まわり(耳の上あたり)を、ゆっくりとジグザグに動かします。

ミーゼスカルプリフトスカルプモードの使い方2

次に、前頭筋(おでこの上の髪の生え際)あたりをジグザグにゆっくり動かします。

ミーゼスカルプリフトスカルプモードの使い方2

後頭部も忘れずに。生え際から後頭部へ、また、後頭部を下から上へ、引き上げるようにゆっくり動かします。

フェイスモードの使いかた

ミーゼスカルプリフトフェイスモードの使い方1

フェイス用のアタッチメントを取りつけ、顔から首元、デコルテまでを、お手持ちの化粧水やゲルなどでうるおしてから使います。もちろん、バスタイム中のぬれた状態でもOKです。

公式サイトや取扱説明書では「内側から外側に動かしましょう」という記載がありますが、当サイトではお顔では動かさず、気になる部位に軽く押しあてることをおすすめします。

フェイス用のアタッチメントの電極ピンはやわらかく、お肌を傷つけるようなものではありませんが、顔のお肌のケアはできる限りこすらないほうがよい、ということは多くの医師や美容家の方々が述べておられます。
洗顔などでゴシゴシこすることがシミの原因になる、ということは、以前NHKの「ためしてガッテン」でも紹介されていましたよ。

ミーゼスカルプリフトフェイスモードの使い方2

公式サイトでも、目元や口元、フェイスラインなどには 軽く押しあてるよう紹介されています。
たるみが気になる部分をねらって、軽く押しあてるお手入れをしましょう。

ミーゼスカルプリフトフェイスモードの使い方3

首筋やデコルテは、よくうるおした上で、老廃物を流すイメージでゆっくり動かしてもよいでしょう。

使用後は

充電器に立てておきます。

アタッチメントの汚れが気になるときは、アタッチメントを本体から取り外して流水で洗い、やさしくタオルドライして乾かしておきましょう。

ミーゼスカルプリフトの使い方をご紹介しました。使い方もお手入れも、ご覧のようにとってもカンタン!電源ボタンなどもわかりやすく、機械オンチさんでも大丈夫です。

使い方&お手入れがカンタンだから、毎日手に取りやすい!だから効果も期待できますね♪

\安心安全はやっぱり公式サイト/

タイトルとURLをコピーしました